調剤薬局業務をExcelで快適に PharmaDataLabo

調剤薬局業務をExcelで効率化しよう

お金の話

毎年薬価改定になると、薬局はどうすればいい??

(ボリュームがあるので、ぜひPCでもご覧ください) 来年度の診療報酬改定の議論の中で、今まで2年に1回だった薬価改定を毎年実施することについて、「2021年から実施する」という方向でまとまりそう、ということです。 ということは、 平成30年(2018年)4月 …

薬価差益で考えるAG(オーソライズドジェネリック)の採用

先に発売されるAG(オーソライズドジェネリック)と、後で発売される他メーカーのジェネリックのどちらを採用したらいいか悩みどころですよね。 一番重要なポイントは、 現在算定している後発医薬品調剤体制加算が維持できるか になるでしょう。 これについて…

オルメテック・クレストールのジェネリック採用で悩むこと

AGと他のGEで薬価差益はどれくらいの差があるの?? 東海地区で登録販売者試験の合格発表と試験問題の公開があったので、そちらの方に手がかかっていて、随分間があいてしまいました。 9月にオルメテックとクレストールのオーソライズドジェネリック(AG)が…

Excelで後発品医薬品調剤体制加算を試算する方法

前回、前々回と来年(平成30年)4月改定の後発品調剤率と調剤体制加算の話をしました。 pharmalabo.hatenablog.com pharmalabo.hatenablog.com 今回は、このブログのテーマであるExcelで調剤体制加算の試算をするためのシート作成を紹介しますね。 前提条件と…

H30年(2018年)4月にGE調剤率70%⇒80%を目指すべきか??

前回の記事に引き続き、来年(平成30年)の改定での後発医薬品調剤体制加算に関わる試算をしてみます。 pharmalabo.hatenablog.com 今回は現行で加算2(75%)にもう少しという薬局が、来年4月に80%を目指すべきかどうか、利益の試算をしてみましょう。 試算:…

H30年(2018年)の改定では後発品調剤加算は「80%以上」のみに!!

秋になり来年の改定に向けて、中医協での議論が活発になってきていますね。 次の調剤報酬改定では、薬局機能による調剤基本料の区分化やかかりつけ薬剤師指導料の要件見直しなどが取り沙汰されていますが、今回は、後発医薬品調剤体制加算について考えてみた…

分包紙のお値段知ってますか?

ようやく朝晩涼しくなってきましたね。 今回は在宅調剤には欠かせない、分包紙のコストについて考えてみましょう。 私の薬局ではタカゾノの分包機を2台(散剤用と錠剤自動分包用)使用しています。 分包紙は伝票を見れば1巻 約6500円(税込)なのですが、1巻…

調剤薬の消費税 払いっぱなしにしてませんか?

来年の薬価改定に向けて、先発品の薬価をどうするか?などの議論が始まっていますね。 薬局としては、在庫管理に直結する話なので今後の議論が気になるところです。 さて、皆さんの薬局では調剤薬の仕入れの際、「消費税」の支払いはどうしていますか? どう…